ダイビングのプロを目指そう!
生活変えずにインストラクターになろう。

リーダーシップコースでは楽しみながらダイビングのプロになることが出来ます。「海が好き、人が好き」そんな気持ちがリーダーシップコースに参加する上での一番大切なことです。そしてもちろん、優れた指導技術をしっかりみにつける事が出来るので、信頼のある本当の意味でのダイビングの”プロ”として胸を張る事ができます。

1たくさんの仲間に出会える!

こころざしを同じくするかけがえのない仲間や、さまざまな人との出会いが待っています!

2大好きなダイビングで仕事ができる!

ダイビングを生涯の仕事にすることもできれば、週末だけの楽しいパートタイムワークにすることも可能!

3信頼あるダイビングのプロになれる!

NAUIのダイビングリーダーなら、信頼されるダイビングの”プロ”として胸を張ることができます。

4NAUIなら世界中にアフィリエイト(加盟店)

国内に約350店舗、加えて世界中にアフィリエイトがあるNAUIなら、活躍の機会は膨大です

各種コースのご案内

◎NAUIフィットプログラム

NAUIフィットプログラム(Familiarization-Instruction-Testing)プログラムでは、NAUIリーダーシップコースに参加する前に、その準備度合いを確認し実施します。プログラムに参加すると、NAUIメンバーの資格およびリーダーシップトレーニングの準備に必要な情報を得ることができます。 フィットプログラム修了者は、NAUIリーダーシップコースに参加することができます。

コース実施内容

コース概要 水中セッションでは、NAUIリーダーシップコース参加への準備度合いの確認として、技能検定を実施します。 フィットプログラムを修了すると、フィットプログラム修了者の資格が取得できます。 フィットプログラム修了者の資格を取得し、各コースで定められた参加要件を満たすことで、アシスタントインストラクターコース、ダイブマスターコースに参加できるようになります。
講習内容 ◆クラスルーム(CR)セッション:6時間程度 ◆コンファインドウォーター(CW)セッション:CW1日 ◆オープンウォーター(OW)セッション1日 ◆筆記試験
講習費 ¥29.000円+教材費+現地実習費

◎NAUIダイブマスターコース

NAUIダイブマスターコースは、認定ダイバーを組織し、認定ダイバーの活動を手助けできるようトレーニングするコースです。 認定されたダイブマスターは、認定ダイバーのツアー管理やビーチマスター、ボートマスターという役割をこなすことができ、またインストラクターの管理下でNAUIスクーバダイバーコースのアシスタントを行えます。

コース実施内容

コース概要 水中ガイドにおけるグループ管理のプロを目指すコースです MSD認定を持たない人もDMコースの受講が可能になりました。 レスキュースペシャリティ取得後30DIVE(その中に、DMで必要なダイビング要件を含む10DIVE)の経験により、海洋規定本数と見なすことが出来ます。
講習内容 ◆クラスルーム(CR)セッション:20時間程度 ◆コンファインドウォーター(CW)セッション:CW+OWで14時間程度 ◆オープンウォーター(OW)セッション(最低10回のOWダイブ) ◆筆記試験
講習費 ¥120,000+教材費+現地実習費

◎NAUIアシスタントインストラクターコース

NAUIインストラクターが開催するスクーバダイバーコースのアシスタントとして活動できるようになる為のコースです。 このコースでは、ダイビング指導の基礎トレーニングを行い、またNAUIリーダーシップとして必要な基本的水中技能のトレーニングも行います。 認定されたアシスタントインストラクターは、インストラクターの指示のもと、単独でスクーバダイバーコースの理論学習部分を担当することが出来ます。 また、コンファインドウォーターでもインストラクターの監督のもと、指導及び評価をすることが出来ます

コース実施内容

コース概要 スクバーダイバーコースの受講者に対して行う実技指導・学科講習のトレーニングです。 ITCを目標にしている方必須プログラム。 指導を通じて苦手ポイントを履修できます。 スキル・デモンストレーションのレベルアップ向上。 アシスタントを行い、デモせたり、初心者ダイバーのフォローを体験します。 指導法のポイントの多くがこのコースに集約されています。
講習内容 ◆クラスルーム(CR)セッション:10時間程度 ◆コンファインドウォーター(CW)セッション:CW+OWで10時間程度 ◆オープンウォーター(OW)セッション(最低2回のOWダイブ)  ◆筆記試験
講習費 ¥100,000+教材費+現地実習費

◎NAUIインストラクターコース

ダイビングの楽しさをもっとたくさんの人に教えたい、自分のダイビングスキルを極めたい、とにかく毎日大好きなダイビングをしたい…インストラクターを目指す理由は様々です。インストラクターになると、ただファンダイビングを楽しむだけというわけにはいかなくなります。インストラクターには、人の安全を守る、プロとしての責任があります。しかしその責任感を持つことで、もっと海が、そして人が好きになります。 インストラクターとして最終的に認定を受けるには、インストラクタートレーニングコース(ITC)に合格した後、インストラクタークオリフィケーションコース(IQ)に合格する事が必要です。ITCでは、インストラクターとしての指導法を学び、また指導技術を身につけます。IQでは、ITC修了者がNAUIの認定基準をクリアしていることを確認します。

コース実施内容

コース概要 スクバーダイバーコースの受講者に対して行う実技指導・学科講習のトレーニングです。 ITCを目標にしている方必須プログラム。 指導を通じて苦手ポイントを履修できます。 スキル・デモンストレーションのレベルアップ向上。 アシスタントを行い、デモせたり、初心者ダイバーのフォローを体験します。 指導法のポイントの多くがこのコースに集約されています。
講習内容 ◆クラスルーム(CR)セッション:10時間程度 ◆コンファインドウォーター(CW)セッション:CW+OWで10時間程度 ◆オープンウォーター(OW)セッション(最低2回のOWダイブ)  ◆筆記試験
講習費 ¥250,000+教材費+現地実習費

◎NAUIインストラクタークオリフィケーションコース

NAUI本部が主催する最終試験です。 これに合格して、あなたも念願のインストラクター! 自分の指導によって、講習生が成長していく課程を喜びと感じられる経験を ぜひ味わってください。

コース実施内容

コース概要 NAUI本部主催の最終試験です。
講習内容 ◆クラスルームセッション:3時間程度 ◆指導技能(スクーバダイバーコースプレゼンテーション) ・クラスルーム(CR)プレゼンテーション ・コンファインドウォーター(CW)プレゼンテーション ・オープンウォーター(OW)ブリーフィング ・オープンウォーター(OW)プレゼンテーション ◆筆記試験
講習費 ¥80,000(主催:株式会社ナウイエンタープライズ)

プロコースにご参加のお客さまの声

画像をアップロード

「伝えていきたい」気持ちからエントリー

現在DMコース受講中です。エントリーしたきっかけは「伝えていきたい」気持ちからでした。普段は医療系の仕事をしていて体が不自由な人と接する機会が多く、でも海の中では自由だし、そうした人達にもちょっとした勇気が与えられたらいいなぁと思いました。 DMトレーニングはグループのコントロールやガイドの練習をしたり覚える事はたくさんあるけど楽しんでいます。 看護師 YK

画像をアップロード

立場が変わると同じ海でも全く見え方が変わります

私がDMを取得したきっけは同期である年配者のIさんのステップアップに触発されたからです。Iさんはお嬢さんに勧められ ダイビングを始めどうせなら娘をリードして潜りたいとの思いでプロコースに参加されていました。どうせやるならば私自身ももっとスキルの向上に役立てればとプロコースに参加しました。 ダイブマスターになってからも基本はショップのツアーにゲストして参加して潜っています。たまにはショップのヘルプとしてツアーで潜ったりしています。立場が変わると同じ海でも全く見え方が変わります。プロコースはなにも人に教えるだけが目的ではなく自分自身のスキルアップにもなりますのでおすすめです。