マスクの選び方/スキューバーダイビング用品

スキューバーダイビングにとって何より大切なマスク選び。
海中に入った時にマスクがズレてしまって、中に水が侵入してきたら大変です。
もちろんマスククリアで水を出す方法もありますが、マスクのズレが気になり、せっかくの楽しいダイビングに「集中できない」といったことにもなりかねません。

そのため、個人の用途に合った正しいマスク選びをしておくことが、後々の快適なスキューバーダイビングの成功にかかっているのです。

まずフィット感がマスク選びで最も大切

スキューバーダイビングでは、快適な水中遊泳を行うためにも、まずマスクと顔のフィット感が大切です。自分の顔に合ったものでないと水が侵入してきたり、マスクが顔に当たって痛みや不快感を発生することになります。そのため、マスクと顔が当たる「スカート」形状が自分の顔にフィットするか、「ノーズポケット」がきちんと鼻を納めているか、などを確認します。

一般的な確認方法としてはマスクを顔に当て、鼻で息を吸い込んだ状態で手を離してみましょう。その際に顔からマスクが落ちなければ大丈夫。少し首を上下に動かしてみても落ちないようでしたらフィットしていると言えます。一番最適な方法は必ずプールなので使用感を確かめることです。陸上で大丈夫だと思っていてもいざ水中に入ると水没することもあります。講習を担当するインストラクターさんに相談してみてください。

マスクのデザインの選び方・マスクのデザインにも選び方はあります。

水中での写真撮影時などで、どのように写るのか気になる場合は、色合いが豊かなものを選ぶようにするとしっかり顔の表情も写すことができるようになります。逆に海中の色に近い青やパープルなどの寒色系の色では、周りの色と同化してしまう可能性があります。実際に自身で着用するウェットスーツなどと合わせてみて、好きなデザインを選んでみましょう。また、透明のスカートの場合は光がマスクの中に入ってきやすいため、視界が広くなります。
逆にブラックシリコンなどを使用したものだと、視界が狭くなるかわわりに、一つのものに集中しやすくなります。

レンズの度数やマスクの選び方

メガネやコンタクトレンズをしている場合は、マスクのレンズにも度数が入ったものを選んだ方が良いでしょう。コンタクトのままだと、海に入った際に、コンタクトレンズが流されてしまったり、角膜を傷つけてしますケースもありコンタクトは使用できません。

マスクのレンズの種類には「1眼レンズ」や「2眼レンズ」などがあります。
1眼レンズではマスクのレンズが1枚のため左右に仕切りがなく、表情がはっきりと見え、視界が広くなります。
しかし、マスククリアがしにくくなる点と度付きのレンズに交換ができない点が難点です。

2眼レンズではマスクのレンズが左右2枚に分かれており、度付きのレンズに交換ができます。
内部の容量も小さくなり、マスククリアも楽にでき、重量も軽くなるため一般的となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です