世界に通じる日本の技術

pn10030_1
上の写真を見て欲しい。
見覚えのある人??
いやフルフェイスマスクに注目してみて。
お店に置いてあるマスク。
そうダイブウェイズ社のマスクです。
今年も7月19日(月・祝)の海の日から1週間、ナショナル ジオグラフィック チャンネルで「PADI Presents マリン・ウィーク」と題して、ダイビングの番組を中心とした特集をお送りします。
スカパーやケーブルテレビ、光テレビなどで視聴可能な皆様はぜひご覧ください。
(PADIのメルマガより抜粋)
その番組内で登場するダイバーは日本製のフルフェイスマスクを
つけています。
ダイブウエイズでは1974年の創業より、自社での開発・設計・製造を貫き続け、純国産のダイビング器材をダイバーへ供給し続けています。使用する材料や素材を吟味し、厳選された材料を熟練の技術者の手で組み上げる。この一切の妥協を排除したモノ創りに対する厳しい姿勢が、高いクオリティとパフォーマンスを持った製品を創りだしているのです。
  単に輸入してきた製品を国内で販売するという体制とは異なり、ダイブウエイズではダイバーの「声」を製品に反映させています。これまでにもいただいた多くのご意見やご要望に真剣に耳を傾け、自社での開発・設計・製造を手がけるメーカーならではの技術力を最大限に生かすことで、製品をよりよいものに改善させています。
でも日本のダイバーの一体何パーセントの人がこのメーカーを知ってるのかな?
世界には超有名なのに日本のダイバーにはなじみがないのはなぜなんでしょうか?
昨日とあるメーカーの営業と電話で話しました。
相変わらずの「上から目線でのものの言い方」
業界に20年以上いますからが口癖。
「この商品いつぐらい入る?お客さんが希望してるんだけど」と
聞いたら
「あーむりだねいつ入るかわかりませんね」
そんな対応で仕事ができてきたんだから
ダイビング業界も生ぬるい業界です。
輸入価格数千円の物を数万円という驚愕の値段をつけて
その利益に胡坐をかいて上から目線でものをいうやりかた
安売りする量販店やネットショップに価格調整を行い
それがプロショップを守る手段だと同意書にサインをさせる
独禁法に違反すると警告すると表現を変えてあるから大丈夫と
いう こんなバカな営業方法で今の時代やっていけるのか
とあきれかえる。
でも実際に物はいい。いい商品にはきちんと説明をして
納得してもらい適正価格でお渡ししたい。
よい商品をより適切な価格でお渡ししたい。
ダイブウエィズのような本物志向のメーカーばかりだと
いいのだが・・・・。

世界に通じる日本の技術”へ1件のコメント

  1. 高橋 より:

    いやぁ~~~、素晴らしいトピックに感動しました。(*^_^*)
    ダイブウェイズを手にできるダイバーさんって、幸せだと思います。
    器材の安全性を突き詰めれば突き詰めるほど、ダイブウェイズ以外は使いたくなくなります。(笑)
    太田さんのお店のダイバーさんは幸せですね。(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

平日ツアー

次の記事

透明度回復中!