ひ・さ・び・さ

P5130080
昨日はハンディキャップの方のファンダイビング。
と言ってもうちの場合は一年中障害者の方のスクール
やファンダイビングを実施している
そんなお店はたぶん日本中あまりない。
イベント的にバリアフリー大会なんか聞くけど
15年以上かけて健常者と障害者のバリアなく一緒に潜れる環境を
作ったつもりだ。
最近ではサポートする側のトレーニングを
実施したり、スクールは担当するけど
ファンダイビングはほとんどサポートなかった。
なんか久しぶりの一体感。
僕のサポートスタイルはお腹の前に
抱えて潜るスタイル。
ハンディキャップ側がマイナスで僕がプラスぎみで
中性浮力をとる。
呼吸のタイミングもあわせて
ハンディキャップ側の人が息を吐くと僕は吸う
そうして微妙な中性浮力をコントロールする。
P5130087
でもどんだけコントロールが上手くても
耳抜きを変わってあげる事ができない。
ボートから潜行するS君
5m行くと抜けない・・・。
何度チャレンジしてもやっぱりだめ。
今回は5mダイビングでした・・。
そのあとは別のハンディキャップの女子。
ビーチでリフレッシュでした。
P5130085
透明度も15mオーバーとコンディションもよく
見れたおさかなも
ヘビギンポ、ベニツケギンポ、クサフグ群、ボラ、ベラ類、オキタナゴ、スズメダイなど。、イワシが群れています。
ミノカサゴ、モンガラドウシ、クロサギ群、シロギス。
アオリイカも出てきました!
そんな伊東のハンディキャプダイバーDAYでした。
(写真提供は一緒にサポートお手伝いしてくれた埼玉医科大学の小関先生でした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

プール講習。

次の記事

シーズンなのにねぇ