あれから5年

はいさい

あの日レオを抱えみんなで
お店の前に飛び出した。
経験した事のない揺れ。
高架からは地鳴りのような音が
聞こえる。
テレビをつけた瞬間何がおきたか
理解するのに時間が必要だった。
テレビのニュースが映し出す
映像が事実だと感じる事が出来ないまま
時間だけが過ぎた。
現実だと理解できた時
何も出来ない虚しさが押し寄せる
神戸の震災の時
地元に帰る事も出来ずただ
西宮から途方にくれたあの日。
だからなのか
行動せずにはいれなかった。
自分が出来る事。
見つけて欲しいという声が
僕達をあの場所に導いてくれた。
深く考えたわけではない
ただ行かなければいけない
行く事が必然だと感じた。
あれから5年。
まだ家族と会えない人がいる
今日一日は祈る。
早く会えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

スタートしました。

次の記事

久しぶりの!