スクーバダイビングは泳げなくてもできる

泳ぎが苦手な場合、「スクーバダイビングは泳げなくてもできるの?泳げないときっと無理なんだろうなぁ」といった気持ちになると思います。「スキューバーダイビングをやってみたいけど、泳げないからがまんしている」という人もたくさんいるのではないでしょうか。

実際のところ、「泳げなくても全く問題なし」とまではいきませんが、スキューバーダイビングは、泳げなくてもできるのです。スキューバーダイビングをはじめようかどうか検討している人は、まず海に慣れることからスタートしましょう。

スクーバダイビングは泳げなくてもはじめることができる

スキューバダイビングをスタートするにあたって、はじめに泳げるかどうかはあまり問題ではありません。なぜなら、スキューバーダイビングをはじめながら、海に慣れていき、徐々に泳げるようになっていった人がたくさんいるからです。

ダイビング体験コースなどでは、インストラクターがしっかり初心者に寄り添って、海の中をガイドしてくれます。それゆえ、泳げなくても海の中の世界を楽しむことができるようになっています。しかし今後、Cカードを取得して海に潜ろうと考えている場合は、将来的に泳げるようになる必要があります。

スクーバダイビングで泳ぎができた方がいい理由

スクーバダイビングでは、器材に依存して海の中を楽しむレジャーですので、水泳のようには泳力やタイムは競いません。また、海の中では空気が入ったタンクで息を吸いますので、息継ぎの必要もありません。

そのため、スイミングのような泳法では泳ぎはありませんが、やはり私たちが普段暮らす陸とは全く違った世界ですから、思わぬアクシデントに遭遇する場合もあります。例えば、水面で漂流することになった場合、体を浮かせて救助を待つ、岸まで泳ぐ……など無事に生きて帰るためのスキルとして泳ぐ技術は大切になってきます。最低限の水に慣れていたり泳げないよりは泳げる方がより安全性が高まります。

ダイビングのライセンスを発行する団体によって「何メートル泳げるか」といった基準を設けています。これは泳力があることでの水に対して耐性を図るものです。それらを参考にしても良いでしょう。

泳げないような人はどうしたらいいの?

では実際に、Cカードのようなライセンス取得を目指す場合、泳げない人はどうしたら良いのでしょうか。泳げない人でも水に慣れることで、徐々に泳げるようになった人がたくさんいるということは前述した通りです。

ライセンス取得のスクールでも、泳げない人のために、事前のプール講習などで時間を取ってサポートしてくれるところもあります。そういった機会を活用して、泳ぎ方を学んでいきましょう。ライセンス取得の過程で、ダイビングと泳ぎの両方のスキルを身につけていくことで、徐々に泳げるようになっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です